レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
Oracleのインストール

<概要>

皆様、準備は出来ましたでしょうか。
いよいよ、これからOracleのインストールを行います。

でも、じつは、Windowsだと
めちゃくちゃ楽なのです。

SYSTEMとSYSのパスワード、あと必要ならSIDを決めるだけです。
こんなに楽だったの?たしか、oracle8のころはもう少し難しかったような気がしますが。


でも、ちょっとまったあ!
実は、Oracle10gのLinu版インストールは難しいのです!

OracleのLinux版インストール
は、こちらを参照しましょう。



まあ、Windows版の(Oracle10g)で、とりあえずいってみましょう。

<1.setup.exeの起動>


DVDの方は、DVDを入れるだけです。(が、勝手にインストールは始まりません)

DVDの中のファイルを開いていって、
setup.exe をダブルクリックしましょう。それだけです(笑)。

これで、DVDがカチャカチャいって、インストールが開始です。

<2.SIDとパスワードの設定>


で、いきなりインストールのクライマックスがきます。

SIDとSYS、SYSTEMユーザーのパスワードの設定です。
SIDがよくわからない人は、「ORCLl」もしくや「DB11G」などがデフォルトで入っていますので、そのままでOKです。


SYSとSYSTEMユーザーのパスワードは、任意でつけてください。
※昔は、ここもデフォルトのパスワードがあったのですが、危険なので、きちんと入力して設定するようになりました。



パスワードの設定が終わったら、次へをクリック

<3.インストール>


もう、あとは、待つだけです。

↓の画面でインストールをクリック



インストール中です。


ひたすら待つだけです

<4.アカウントのロック解除>


インストールの途中で、アカウントロック解除の問い合わせがきます。
管理者のSYSとSYSTEMユーザー以外は、ロックされています。


そこで頻繁に使うSCOTTユーザーのアカウントは解除しておきましょう。


SCOTT ユーザーのアカウントロックを解除しましょう。(チェックを外す)


この後、さらにインストール中です。

<5.インストール終了>


で、しばらく待つと、1時間もかからなかったかな。
インストール終了です。

<6.EM(エンタープライズマネージャー)の確認>


上記で、終了をクリックすると、勝手にブラウザが立ち上がります。
EM(エンタープライズマネージャー)です。

ブラウザからそうさするのですが、今回は、コマンド中心の勉強でいくので、
とりあえず必要ないですが、ログイン確認はしておきましょう。

前へ次へ

PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2017 SearchMan,All Rights Reserved.