IT技術の痒い所に手が届く

言えないけど恩知らずの特性

公には、このコンテンツおススメできませんが、
本音ではクレーマーと関わりたくない・・ならいいかも。

先日のメルマガ、言えないけど恩知らずの特性には、本当に沢山のお便り頂きました。
ありがとうございました。

お便りを拝見したところ、答えを教えて欲しいという要望が非常に多かった。

しかし、答えは差別問題とからむので、どうしようかと考えました。

要するに、私の個人体験から
その集団に属している人は、その集団に属していない人に比べ、
クレーマーの確率が高い

それを理解頂けるといいのですが、差別だと発狂する人もいるでしょ。

で、考えた結果、今こんなお手紙を書いています。

ひとまず、この時点で差別と思うなら、このページを閉じましょう。
そのほうがお互いに健全です。

ただし、クレーマーと関わりたくないなら、読んでもいいかもです。

ここでのクレーマーの定義

一応、ここでのクレーマーの定義は、
要求だけする人、恩知らず、逆ギレする人とします。
クレーマーに関わると、

・・・・いいことがないと思います。
わかりますよね。

私も長年サイト運営やっていると、もう関わりたくない人も出てくるし、
今から、その個人的な話をしますが、
アナタのビジネスや人間関係にも通じると思います。

Aさんの話

例えば、Aさん。
投稿フォームを利用し、
Java技術に関する質問があった。

私は、すぐに回答したのですが、
さらに、Aさんから再質問。

その後、12回にわたって、
質問と回答を繰り返した。
もちろん、全部無料で。

でね、私も「できたら、これ以上は、有料でお願いできますか?」と尋ねてみた。
すると、Aさんからの回答。

Aさんから
佐藤さん、あなたは無料で構わないと言われていました。
お金を払うことはできません。お断りいたします。

確かに、無料で回答すると書いた。
https://searchman.info/sub.html

しかし、断るにしてもねえ、
この言い方、ありますか?

人の善意につけこんで、
なんじゃ、この人?と頭にきて、
AさんのSNSを見てしまった。

・・・・そしたら。

Bさんの話

Bさんは有料講習の受講者。
この方もすさまじかった。

質問回数は、全部で46回。
私は、その全てに回答した。

しかし、最後にもらったメールは、これだった。

Bさんから
教材を返却しますので、お金も返金していただけますか

はあ?そりゃ、ないでしょ。

例えば、今回も宣言した。

ただ、それはあくまでも、
教材が期待外れだった場合だ。

人の善意につけこんで、
頭がおかしいのだろうか?と思い、
Bさんの過去のお便りを洗った。

・・・・そしたら。

ちなみに、Bさんとは、
2度と関わりたくないので、
返金して関係を終わらせた。

Cさんの話

Cさんも有料講習の受講者。
質問は8回ほどきて、全てに回答。

しかし、私のメルマガアンケートで、
ある結果が気に食わなかったようで、
こんなお便りがきた。

Cさんから
今回のアンケート結果は、
客観性が無いと思っています。

佐藤さんとは、目的が違っていたようです。
従って、私もメンターを変えざるをえません。

資金が必要です。
全額とは言いませんので
半額の返金をお願いします。

はあ?一体なんのことだ?

ってか、私のアンケート結果は、
もともと客観性などないでしょ

あと、そんなつもりなかったですが、
私メンターだったのですね(苦笑)。

で、Cさんとも縁を切り、
過去のお便りや、SNSを覗いたが

・・・・そしたら。

私は気がついてしまった

上記3人が、この1年間の私にとって強烈な人。
過去3年間に遡れば、8人ほどいる。

で、私は気がついてしまった。

その方たちの特性だ。
上記・・・・そしたらの部分だ。

それは、8人とも共通して、
〇〇を強烈に憎み、そのうちの5人は、
△△を強烈に支持している。

わかりますか?

とクイズを出してみましたね。

クレーマーの答え合わせ

そのクイズの反響は非常に大きかった。
答えを知りたいとの要望が大きかった。

ただ、先ほど述べたように差別問題とからむので、
私自身、身を守る意味もあり、恐縮ですが、
こんな有料コンテンツを提供することにしました。

クレーマーの答え合わせ

もちろん、全然購入しなくてOKです(笑)。

ただ一部の方には興味深いと思いますので、
そんな方は続きをお読みください。

コンテンツの内容

コンテンツの内容は、以下の通りです。

  1. 上記〇〇と△△の答え(PDF1枚)
  2. 上記に関する特別メルマガ

PDFで答えを伝えた後、皆さんの感想・ご意見等頂き、特別メルマガを書きます。

まずはおススメしませんが・・・

上記の通り、コンテンツの内容は少ないです。
メルマガ読者以外には、詐欺に見えるかも(笑)。

なので、まずは、おススメしません。

ただ、長年メルマガを読んで頂き(ありがとうございます)、
「それは差別だー」とかじゃなくて、
本音でクレーマーの傾向を探るにはいいかも。

ポリコレのご時世、なかなか言えないですが、
一つのリトマス試験紙のような。

理解して欲しいこと

ただ、一つ理解して欲しいことがあります。その答えは、
イコールの話でありません

〇〇を憎んでいる人でも、
△△を支持してる人でも、
クレーマーとは限らないです。

ただ、私のサイトに限っていえば、
逆は真なりで、クレーマーだった人は、
そういう共通性があったと。

くれぐれも、そこは絶対に、
理解してくださいね。

今回は返金しません

今回は(いつもと違って)返金しません
サーチマンなら騙されてもいいや、くらいでお願いします。

最初から返金ありきだと、気軽に購入されて大炎上の懸念もあり、
私もリスクはとりたくないので、ご了承くださいませ。

どんなメリットがあるのか?

人として、誰かに手を差し伸べるのは当然のこと。

多くの人は、恩に感謝してくれるけど、
逆に恩を仇で返す人もいる。

恩を仇で返す人が誰に対してクレーマーになるかと言えば、
何もしなかった人でなくて、手を差し伸べた人に対してだ。

やってられませんよ。

人生や仕事で、一番のリスクはクレーマーです。
おかしな人と関わると大変です。

私の事例を通して、一緒に考えましょう。

ということで、よかったらお取り寄せください。

お申込みはこちら

クレーマーの答え合わせ
1,800円 です。

銀行振込 もしくは カード決済にてお申込みください。

銀 行 振 込
入金後(24h以内に)コンテンツを送付します。

姓(必須)
メールアドレス(必須)
利用規約に同意(必須)
都道府県
メッセージ等
銀行振込み口座を上記のメールアドレスにお送りします。

カ ー ド 決 済クレジットカード
今すぐコンテンツをダウンロードできます。

<初めての場合>

姓(必須)
メールアドレス(必須)
決済パスワード※
利用規約に同意(必須)
都道府県
メッセージ等

※決済パスワードは、次回決済でカード番号入力を省略できます。

<決済パスワードをお持ちの方>

メールアドレス(必須)
決済パスワード(必須)
利用規約に同意(必須)
メッセージ等
決済パスワードを忘れた場合は<初めての場合>で購入。

追伸:農作物を盗んだ犯人は誰だ?

収穫の秋ですが、農作物盗難の被害が相次いでいる。
半年間育てたものを盗む。とんでもない輩です。

犯人は、外国人の可能性が高いと言われています。
しかし、その発言は外国人差別だと猛バッシングを受けている。

今回のコンテンツは、この差別問題を含んでいます。

ただ、私は、
差別と言われても、可能性が高いならシャーナイと思うし、
外国人の犯罪率が高いなら、それを公表したり議論できないほうが問題。

と思うわけで、
差別だと思う方は、お取り寄せをお控えくださいね。

ではでは、以上になります。またお会いしましょう。
ありがとうございました。

サーチマン佐藤

Copyright(c) 2005-2020 SearchMan Sato . All Rights Reserved.