STS(spring-tool-suite)環境設定

<概要>

STS(spring-tool-suite) の
インストールと日本語化
終わりましたね。

次は、
環境設定になります。

Eclipseと同様になりますが)
やっていきましょう。

<ワークスペース>

前回の復習から。
SpringToolSuite4.exeをクリックすると、

STS(spring-tool-suite)が起動しましたね。

最初の起動では、
ワークスペース(workspace)を聞いてきます。


ワークスペースとは、作業フォルダのこと。

その作業フォルダは、
STSのインストールフォルダがおススメ。

C:\spring-tool-suite-4-4.1.2\workspace
上記をコピペして入れ、

「この選択をデフォルト・・・」もチェックして、
「起動」をクリック。


ちなみに、STSの
アンインストールは、フォルダを削除するだけです。
ワークスペースも一緒だと、
まとめて削除できて便利です。

「起動」すると、
以下のように、ワークスペースがでます。


※注意
別の場所にワークスペースを作るにしても、
絶対にスペースや全角を入れてはいけません
(トラブルの元になります)

ワークスペースを入れると、
こんな画面が出てきますね。

※余談:Eclipseのように「ようこそ」は出てこないみたいです。

<デフォルトJavaの設定>

では、必要な初期設定しましょう。

まずは、STS(spring-tool-suite)が使用する
デフォルトJavaを設定します。

この
設定を疎かにすると
将来、jarファイルを作る時に、
「No compiler is provided in this environment.
Perhaps you are running on a JRE rather than a JDK?」という、
JDKを欲しがる
エラーメッセージが出る場合があります。

メニューバーから、
「ウィンドウ」→「設定」


さらに、「Java」
→「インストール済みのJRE」をクリック。

ここで、前にインストールした
JDKを指定します。

「追加.」をクリック。



標準 VMで、「次へ」をクリック。


「ディレクトリー.」をクリック。


JDKのディレクトリを指定して、
「完了」をクリック。


他は除去して、そのJDKをチェックして、
「適用して閉じる」をクリック。


※残っていると、 なぜか、
そのJREを読み込む場合があります(バグかな?)

<コンパイラーの設定>

古いJDKが残っていると、
そのまま古いJDKのコンパイラーを使って、
エラーになる場合があります。


最新のコンパイラーに設定します。

同じくメニューバーから、
「ウィンドウ」→「設定」


「Java」→「コンパイラー」から、
「コンパイラー準拠レベル」を「
1.8」にして、
「適用して閉じる」をクリック。

※もちろん、JDKに合わせてくださいね。

この画面が出ても、「はい」をクリック。



以上で、
インストールと初期設定終了です。


文字化けが出た場合は・・(出なければ、以下はスルーでOK)

ツールバーから、
「ウィンドウ」→「設定」

左側の窓から
「一般」→「外観」→「色とフォント」

右側の窓から
「Java」→「Javaエディター・テキスト・フォント」で
「編集」をクリック。

「フォント」をMSゴシックにしましょう。

お疲れさまでした。


UTF-8で開発する方へ(初心者の方は、以下は読み流してください)

Windowsで開発する場合、
文字コード変更の必要はありませんが、

「UTF-8」を利用する場合は、
「Window(ウィンドウ)」→「Preferences(設定)」
→「Genera(一般)l」→「Workspace(ワークスペース)」
→「Text file encoding」
を見直してみてください。



前へ次へ
目次