Spring BootでHelloWorld

<概要>

では、いよいよSpringを使って、
Webアプリを作ってみますが、
(※このページは、Springのインストールが前提です)

実は、Springのうちの「
Spring Boot」を使うと、
Tomcatが内包されていて、
Tomcatの連携や設定が不要になります。
めっちゃ、楽です(笑)

とりあえず、Tomcatがない環境(お客さんのPCとか)で、
動かしたい場合、非常に便利です。

試してみましょう。


<Tomcatプロジェクトを作る>

「ファイル」→「新規」→
「Springスターター・プロジェクト」を選ぶ。



説明に「・・・Spring Boot」があることを確認し、
「次へ」をクリック。

※至れり尽くせりで、名前まで入っています(笑)

Webを開いて「Web」にチェックを入れ、「完了」をクリック。


「demo」プロジェクトが出来ましたね。


ワークスペースにも、
「demo 」ディレクトリが作成されています。

一応確認してみましょう。

<Webアクセスとコントローラー>


従来だと、ここで、Tomct関連の設定が必要ですが、
Spring Bootでは、いきなり、
コントローラー(Controller)と言われるソースを書けばOK。

何故なら、
SpringのDispatcherが全リクエストを受け取って、
コントローラーに処理を振り分けてくれるからです。

このイメージもって、ソースを書いていきましょう。

<Controllerの作成>

「com.example.demo」パッケージに右クリックをあて、
「新規」→「クラス」をクリック。


HelloController」を入れて、「完了」をクリック。


「HelloController.java」が出来ましたね。


以下をコピーして、


package com.example.demo;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;

@Controller
public class HelloController {

@RequestMapping(value="/hello")
private String hello(){
return "/index.html";
}
}


全て上書きでペースト

上書きしたら、「Ctrl+S」で保存しましょう。

以下、ソースを解説します。

@Controller
コントローラーの宣言です。
(この宣言で、Springがコントローラーと認識します)

@RequestMapping
URLとマッピングします。
(実際に動かすと、URLが"/hello"になります)

hello()
ページに飛ばすメソッド。

<ページの作成>

表示するページを作成します。

src/main/resources/staticに右クリックをあて、
「新規」→「ファイル」をクリック。


フォルダーを一応確認し、
index.html」を入れて、「完了」。


index.htmlが出来ていますので、
Hello Searchman!」と入れてみましょう。

「Ctrl+S」で保存しておきます。


<実行>

では、実行します。

プロジェクトに右クリックをあて、
「実行」→「Spring Boot アプリケーション」。



しばらく待ちます。


ブラウザから、
http://localhost:8080/hello」にアクセスします。
(ポート番号8080)

出てきましたね。

URLの"/hello"も、
マッピング通りですね。

<サーバーの停止・起動>

実行すると、自動的に、
サーバープロセスも起動しています。

STSの画面で確認して、
demoにクリックをあてましょう。


このボタンで停止できます。


停止後は、ポート番号(8080)が消えます。

再起動は、先ほどの実行でもいいですし、
この再起動ボタンでもOKです。



※例えば、ポート番号8081を変更したい場合は、
src/main/resources/application.propertiesに、
server.port=8081として、再起動します。



 |前へ| |Java基礎文法の有料講習

以上、Springフレームワークの基礎、卒業です。
あめでとうございます。

目次

クラウドで伸びる人沈む人 ||Copyright © 2005-2019 SearchMan,All Rights Reserved.