IT技術の痒い所に手が届く

詳細

×閉じる

EclipseとTomcatを連携する

Eclipse上でTomcatのJavaアプリを開発する

Tomcatは、JavaプログラムをWeb上で動かすことが出来る サーバーです。
Webコンテナとも言います。

大きな流れとしては、TomcatがブラウザからのURLを受信する。
受信したリクエストをJavaプログラムで処理して表示する。

従って、TomcatとJavaプログラムの開発は一体が便利。
そのために、ここでは、EclipseとTomcatを連携していきます。

サーバーにTomcatを設定

Eclipseの「サーバー」をクリック。

Eclipseのサーバータブ

「使用可能なサーバーがありません。このリンクを・・」をクリック。

Eclipseのサーバータブ

「Apache」をクリック。

新規サーバーの定義

下にスクロールして「Tomcat v9.0サーバー」を選択し、「次へ」をクリック。

Tomcat9.0のサーバータイプを選択

※Tomcatのバージョン、揃えてくださいね。

Tomcatのディレクトリーを選択し、「完了」をクリック。

Tomcatサーバーのディレクトリー

「ローカルホスト・・サーバー」をダブルクリックして、
Tomcat管理ポート「8005」を設定して、「Ctrl+S」で保存します。

Tomcat管理ポート8005

ここでの保存忘れが多い です。
気をつけましょう。

※上記ポートの設定をしないと、「無効ポート」のエラーが出ます。
Tomcat管理ポート8005

以上で、Eclipse+Tomcatの連携ができましたね。

ファイルやフォルダの確認

連携が出来たので、ファイルやフォルダも確認してみましょう。

Eclipse上のエクスプローラーで「Servers」が出来ていますね。

EclipseのServers

ワークスペースも確認してみましょう。

ワークスペースのフォルダ

Tomcatのインストールフォルダとは別に、
Eclipse上にTomcat用のフォルダ (Servers)が作られ、
ここに設定ファイル(server.xml等)も 格納されています。

つまり、Tomcat本体は汚さずに、全てはワークスペースで完結するのです。

覚えなくても全然いいですが、そうなんだーくらいは頭の片隅にね。

EclipseからTomcatの起動と停止

では、Eclipseから、Tomcatの起動停止 を実際に行ってみましょう。

起動
「ローカル・ホストのTomcat ・・」を選択し、 起動アイコンをクリック。

サーバーの起動アイコン

「始動済み、同期済み」が出れば、起動成功。

サーバーが始動表示

停止
停止は、停止アイコンをクリック。

サーバーの停止アイコン

停止しましたね。

サーバーが停止表示

今回はコンテンツが無いので、起動と停止だけ見ておきました。
次回、コンテンツを作っていきましょう。

※上記のように簡単にEclipseとTomcatを連携しましたが、
以前は、Tomcatのプラグイン が主流でした。

Copyright(c) 2005-2020 SearchMan Sato . All Rights Reserved.