IT技術の痒い所に手が届く

詳細

×閉じる

SpringでHelloWorld

Javaの最もメジャーなフレームワーク(Spring)を動かす

Javaの開発には、様々なフレームワーク が提供されています。

有料・無料ありますが、いずれにしてもフレームワークは、
開発をより簡単にするための処理(API)が実装されたシステムですが、

現在、最も有名なJavaフレームワークはSpringです。

SpringのAPIは、本当に沢山ありますが、
EclipseにもSpringの基本APIが入っています。

中でもSpring Bootは、Tomcatを内包していて、
Tomcatの連携や設定が不要になります。楽です(笑)。

ここで作っていきましょう。

Springプロジェクトを作る

SpringのWebアプリのプロジェクトを作ります。

Eclipseの[ファイル]→[新規]→[Springスターター・プロジェクト]。

Springの新規プロジェクト

名前を[demo]として、Javaバージョンも確認し、 [次へ]。

動的Webプロジェクトのプロジェクト名

[Web]→[Spring Web]を選択し、完了。

Springスターター依存関係

Eclipse上に[demo]プロジェクトが出来ましたね。

ワークスペース上にtomcat_testプロジェクト

pom.xmlが設定ファイルになります。

※pom.xmlで、赤い×のエラーが出た場合は・・・
pom.xmlを、以下のように書き換えてみてください。
<!-- 書き換え前 -->
<properties>
<java.version>1.8</java.version>
</properties>
<!-- 書き換え後 -->
<properties>
<java.version>1.8</java.version>
<maven-jar-plugin.version>3.1.1</maven-jar-plugin.version>
</properties>
対処した後、project名を選択し、
右クリック⇒Maven(M)⇒プロジェクトの更新(U)で、エラーが消えます。

Webアクセスとコントローラー

従来だと、ここでTomcat関連の設定が必要です。

しかし、Spring Bootでは、いきなり、
コントローラー(Controller)と言われるソースを書けばOK。

コントローラーのイメージは以下です。

Springのコントローラー

SpringのDispatcherが全リクエストを受け取って、
コントローラーに処理を振り分けています。

こんな感じで、Webアクセスが成立しますので、
このイメージもって、ソースを書いていきましょう。

コントローラー(HelloController)の作成

コントローラー(HelloController)の作成を作っていきます。

[com.example.demo]右クリック→[新規]→[クラス]。

新規クラス作成

名前にHelloControllerを入れて完了。

HelloController

HelloController.javaが出来ましたね。

HelloController.java

まだ中身はないです。

コントローラー(HelloController)の実装

コントローラー(HelloController)のソースを入れましょう。

以下のソースをコピーして、

            
package com.example.demo;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;

@Controller
public class HelloController {

@RequestMapping(value="/hello")
private String hello(){
return "/index.html";
}
}
          
          

名前にHelloController.javaに、全上書きペースト。

HelloController

ペーストしたら、保存(Ctrl+S)します。

ソース解説

@Controller
コントローラーの宣言です(Springがコントローラーと認識します)。

@RequestMapping
URLとマッピングします(URLが"/hello"になります)。

String hello()
hello()は何でもいいですが、Stringを返却するメソッドになります。
このStringが表示するページ(index.html)になります。

表示するページの作成

表示するページ(index.html)を作成します。

[rc/main/resources/static]右クリック→[新規]→[ファイル]。

新規ファイル作成

index.htmlを入れて完了。

新規ファイル作成

index.htmlが出来ているので、
[HelloWorld!]を入力しましょう。

index.htmlの中身

入力したら保存(Ctrl+S)です。

動作確認

では、動作確認してみましょう。

まずはサーバーの起動です。
Bootダッシュボードのdemo右クリック→[(再)起動]。

index.htmlの中身

Springに内包しているTomcatを使います。

Bootダッシュボードがない場合は・・・
Eclipseの[ウィンドウ]→[ビューの表示]→[その他]で表示させます。

Spring Bootが起動します。

Spring Boot

ブラウザから、以下にアクセスしてみましょう。
http://localhost:8080/hello

表示されましたね。

Spring Bootのブラウザ表示

マッピングの"/hello" も確認しておきましょう。

確認できたら、サーバーは停止です。

サーバーの停止

サーバーは停止しておいたほうが無難です。


※余談・・・
例えば、ポート番号8081を変更したい場合は、
src/main/resources/application.propertiesに、
server.port=8081として、再起動します。

サーバーの停止

ポート番号を変更したい時は、ここで設定します。


Copyright(c) 2005-2020 SearchMan Sato . All Rights Reserved.