IT技術の痒い所に手が届く

詳細

×閉じる

Tomcatディレクトリ構造

Tomcat(トムキャット)とは何か?

JDKもインストールした。
Tomcatもインストールした。

「さあ、開発だ!!」・・・・でもちょっとまったあ。

開発前に、理解して欲しいことがあります。
それが Tomcatのディレクトリ構造(実は、けっこう複雑)。

ディレクトリ構造を理解しないままServlet/JSPの開発すると、
どこに何があるのか?ほとんど意味不明になってしまいます。

今、ディレクトリ構造を理解しておくと、 後で楽になる。
少し苦しい場面もありますが、我慢してみていきましょう。

Tomcatのルートディレクトリ

本テキスト通りに Tomcatをインストールすると、
以下のディレクトリが作成されます。

Tomcat配下のディレクトリ

特に大事なのは、上記三つのディレクトリですが、
各ディレクトリに存在する ファイル を説明しておきますね。

この中で、最も重要なのはwebappsディレクトリです。

webappsディレクトリ

webappsが最も重要と言いましたが、その理由は、
ここに、アナタのプログラムを作るからです。

言い換えれば、アナタは、ここにフォルダを作りプログラムを入れて、
WEBアプリを作ります。

では、webappsフォルダを開けてみてください。

Tomcatのexamplesフォルダ

まずは、Tomcatのサンプルを参考にします。

※余談ですが、 webapps 以外の任意の場所に Webアプリのディレクトリを作成したい場合は、
conf\sever.xml を編集する必要がありますが、ここでは割愛します。

Tomcatサンプルディレクトリの構造

さらに、examplesを開きます。

webappsのexamples

WEB-INFがありますね。
実は、このディレクトリが特別な意味を持ちます。

さらに、WEB-INFを開きます。

examplesのWEB-INF

結論から言えば、WEB-INFディレクトリの中で重要なのは
classes, web.xml, libです。

まずは、上記の三つを意識しましょう。

Tomcatサンプルを動かす

上記を意識しつつ、Tomcatサンプルを動かしてみましょう。

Tomcatを起動して、以下のURLにアクセス。
http://localhost:8080/

Tomcatのサンプル画面が出ますので、Examplesをクリック。

Tomcatサンプルの初期画面

Servlets Examplesをクリック。

Servlets Examples

色々なサンプルがありますが、Hello WorldのExcuteをクリック。

Hello WorldのExcute

Hello Worldがでてきましたね。

TomcatのサンプルHello World

TomcatのURLとディレクトリの関係

さて、問題は、この時のURLとディレクトリの関係です。

URLは、以下ですね。
http://localhost:8080/examples/servlets/servlet/HelloWorldExample

このURLのクラスは、以下のディレクトリにあります。
C:\tomcat9\webapps\examples\WEB-INF\classes \HelloWorldExample.class

URLとディレクトリは、以下の関係で対応しています。
servlets/servletWEB-INF\classes

なんだか、ややこしい(苦笑)ですね。でも、慣れてきますので、
こんな感じで、ディレクトリとURLが対応していると理解しておきましょう。

Tomcatのディレクトリ構造まとめ

以上、Tomcatのディレクトリ構造をまとめです。

やっぱり、ややこしいですね(苦笑)。 次回は実際に、
Tomcatアプリを作り配置し、HelloWorldを動かします。

一回動かせば、慣れてきます。

Copyright(c) 2005-2020 SearchMan Sato . All Rights Reserved.