レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
Eclipse(最強のフリーJava開発ツール)をインストールしよう

<概要>

Javaの開発は、とにかく面倒くさい。
コンパイルして、クラスパス通して、さらにweb.xmlの設定と。

しかし、Eclipseというフリーの開発ツールを使うと、
とっても便利。

そんなこと全部自動でやってくれます。
デバッグ機能も充実しているので、サクサク開発できます。

そこで、ここではEclipseをインストールしてみます。


<Eclipseに必要なもの>


Eclipse 開発環境に必要なものは、とりあえず、以下の2点です。

Eclipse 本体
日本語環境のプラグイン



Eclipseでは、必要なものが
プラグインと呼ばれるファイルになっているのですが、

日本語環境のプラグインも、その一つです。

プラグインは、Eclipseのフォルダに放り込むだけで、
必要な設定してくれるので、とても便利です。



※All-in-OneというEclipseもありますが、本体の3倍以上の大きさだし、機能もありすぎるし、
遅いので、まずは上記組み合わせがお奨めです。



<Eclipse本体のダウンロード>


基本的には、Eclipseのサイト
(http://eclipse.org/downloads/)に行って、

eclipse本体日本語パッケージ
をダウンロードするのですが、


でも、このサイトが英語で意味不明のことも多いでしょうから、
私から提供しています。


こちらからダウンロードしてくださいね。
(こっちのほうが簡単です)



これで簡単に、以下の二つがダウンロードできます。

(64bit用のPCの場合)

eclipse本体
(eclipse-SDK-4.6.2-win32-x86_64.zip)
と、


日本語パッケージ
(NLpackja-eclipse-java-galileo-SR1-blancofw.zip)


両方が手に入りましたね。

入手しないと始まりませんので。


ちなみに、32bitパソコンの場合、
eclipse本体は、
eclipse-SDK-4.6.2-win32.zipになります

(日本語パッケージは、32bitも64bitも同じ)。


注意)以後、32bitパソコンの場合は、
eclipse-SDK-4.6.2-win32.zipに読み換えてくださいね。



Eclipse4.6も出ていますが、Eclipse4.6でtomcat2を使うためには、
Eclipseマーケットプレイスから、tomcatプラグインをダウンロードする必要があります。

しかし、Eclipseマーケットプレイスがやたらと遅いので(苦笑)、
当面、Eclipse4.6を使わないで、上記バージョンを使うことをおススメします。



<Eclipse のインストール>


Eclipse のインストールは簡単です。

eclipse-SDK-4.6.2-win32-x86_64.zip(eclipse-SDK-4.6.2-win32.zip)を
解凍するだけですが・・・
名前が長すぎてエラーになる可能性があるので、

右クリックをあて、「名前の変更」をしましょう。



eclipse-SDK-4.6.2.zip」に名前変更します。


※アクセスの拒否が出ても「続行」しましょう。


さらに、このファイルをC:\直下に移動し、
右クリックをあて解凍(展開)しましょう。



解凍(展開)します。



Cフォルダにeclipse-SDK-4.6.2フォルダ、
さらにその下に、eclipseフォルダがありますね。



ちなみに、eclipseの中身は、こんな感じです。



で、ここで、さらに注意点があります。

解凍後、すぐに
eclipse.exe を実行(ダブルクリック)してはいけません。





日本語環境を入れる前に実行すると、
日本語が文字化けすることがありますので、


まずは日本語環境のインストールをします。


そこで、(日本語パックの)
NLpackja-eclipse-java-galileo-SR1-blancofw.zip
解凍(すべて展開)します。



解凍して
NLpackja-eclipse-java-galileo-SR1-blancofw」フォルダをクリックすると、
eclipseフォルダが出てきますね。



そのeclipseフォルダをクリックすると、
features と plugins のフォルダがあります。
↓こんな感じです。




それをそのまま、(先ほどのC:\eclipse-SDK-4.6.2の)
eclipse フォルダの中のfeaturespluginsに上書き保存(コピペ)しましょう。




手順としては、右クリックで、featurespluginsをコピー。



Eclipse本体のほう(C:\eclipse-SDK-4.6.2\eclipse)に
貼り付けしましょう。



※「上書きします」とメッセーが出るかもしれませんが、上書きで。


これで、Eclipse のインストールが終了です。


しかし、まだ、eclipse.exeを起動してはいけません。

重要な環境設定があります。



この環境設定をおろそかにして、
後々困る人が続出しています。



それは、次のeclipse の環境設定で勉強しましょう。





PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2016 SearchMan,All Rights Reserved.