IT技術の痒い所に手が届く

詳細

×閉じる

LinuxのIPアドレスを変更する

ネットワークや用途に合わせてIPアドレス指定

LinuxマシンのIPアドレスを変更したい時があります。
Windowsなら簡単ですね。ネットワーク接続のプロパティを変更するだけ。

まあ、普通にPCを使う多くの場合、IPアドレスを自動取得でしょうが、
Linuxサーバーを作った場合などは、自動取得ではネットワーク構成が組めません。

ネットワークやルータにあわせて、LAN内の状況にあわせて、
LinuxのIPアドレスを変更する方法をみておきましょう。

一時的にIPアドレスを変更する場合

マシンの再起動も何もしないで、とにかく一時的にIPアドレスを変更する場合は以下です。
#ifconfig eth0 192.168.0.100
(上記の場合、192.168.0.100に変更)

これで、一時的にマシンのIPアドレスが変更します。
ですが、再起動するともとのIPアドレスに戻ってしまいます。

恒久的にIPアドレスを変更する場合

再起動しても元に戻らないようにIPアドレスを設定するには、 以下のファイルを編集します。

#vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
BROADCAST=192.168.0.255
IPADDR=192.168.0.100
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.0.0
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet

Copyright(c) 2005-2020 SearchMan Sato . All Rights Reserved.