IT技術の痒い所に手が届く

詳細

×閉じる

URL正規化でアナリティクスの警告に対処

検索エンジンに認識させるURLの統一

URLには、wwwの有無、index.htmlの有無、SSLの有無・等々によって、
同じページでも複数のURLが存在します。

例えば、以前の私のページだと以下の複数のURLが存在しました。

他の組み合わせ(URL)は割愛しますが、同じトップページでも複数のURLが存在していました。
つまりブラウザのアドレスバーも複数の表示になっていた。

しかし、この状態はSEO的にはよくないようで、
ミラーサイトとして誤認識される可能性もあるしGoogleアナリティクスから警告もきました。

そこで301リダイレクトを使って対処しました。

301リダイレクトとは

301は、W3Cが定めるステータスコードでリダイレクトを意味します。
リダイレクトとはサイトやページを完全に移動させること。

ちなみに、301の他に302もあって、
301リダイレクトはPermanent Redirect(恒久的な転送)で、
302リダイレクトはTemporary Redirect(一時的な転送)になります。

301リダイレクトは、Googleに移転先のURLを伝えることができ、SEO的にも元のURLの評価を引き継ぐので、URLの引越しや統一に使われます。

方法としては、.htaccessファイルを編集すると簡単です。
以下、具体的に記述しますね。

www無しのリダイレクト

.htaccessファイルに以下を記述します。

            
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.searchman\.info$
RewriteRule ^(.*)$ https://searchman.info/$1 [R=301,L]
          

※アナタのドメインで使う場合は
searchman.infoは変更してくださいね。

httpをhttpsにするリダイレクト

.htaccessファイルに以下を記述します。

            
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
          

/にindex.htmlを付加するリダイレクト

.htaccessファイルに以下を記述します。

            
RewriteEngine on
RewriteRule ^$ /index.html [R=301,L]
          

ブラウザのURLバーで確認

上記対処のうち、旧サイトの都合もあり、一つだけ対処しています。
下記URLをクリックしてみてください。

どのURLをクリックしてもブラウザのアドレスバーの表示
https://searchman.info/index.html
になったことがわかります。

URLが正規化のお話でした。

Copyright(c) 2005-2020 SearchMan Sato . All Rights Reserved.