IT技術の痒い所に手が届く

詳細

×閉じる

Eclipseが遅くて重い。高速化した対処法

Eclipseの動作が遅くて重くて仕事にならない

Eclipsのインストール後、しばらく使っていると動作が遅くなりました。

ソースファイルを開くだけで10秒。設定ファイルを開くだけで10秒。
・・・・「遅すぎる!」。これでは仕事になりません。

まずは、Eclipseのzipファイルの解凍が失敗していないか?疑うこと。

それでも駄目な場合、サーチマン佐藤はEclipseの設定ファイル(eclipse.ini)を変更することで改善しました。
参考にしてください。

eclipse.ini

Eclipseをインストールしたフォルダに、eclipse.iniファイルがありますね。
私の現状のEclipseでは、eclipse.iniの中身は以下になっています。

            
-product
org.eclipse.epp.package.jee.product
--launcher.defaultAction
openFile
--launcher.appendVmargs
-vmargs
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.8
-XX:+UseG1GC
-XX:+UseStringDeduplication
--add-modules=ALL-SYSTEM
-Dosgi.dataAreaRequiresExplicitInit=true
-Xverify:none
-javaagent:dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
-javaagent:lombok.jar
          
          

バージョンによって、多少違うと思いますが、上記のような感じです。

Java仮想JVMマシン(JVM)のメモリを指定

Eclipseが遅い原因は、Java仮想JVMマシン(JVM)のメモリが不足しているようだったので、 明示的に指定することにしました。

以下の2行をeclipse.iniに追記しました。

-Xms1024m
-Xmx1024m

Xmsは初期割り当てメモリ。Xmxは最大割り当てメモリ。
どちらも、1024m(メガ)=1G(ギガ)を充ててみました。

            
-product
org.eclipse.epp.package.jee.product
--launcher.defaultAction
openFile
--launcher.appendVmargs
-vmargs
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.8
-XX:+UseG1GC
-XX:+UseStringDeduplication
--add-modules=ALL-SYSTEM
-Dosgi.dataAreaRequiresExplicitInit=true
-Xverify:none
-javaagent:dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
-javaagent:lombok.jar
-Xms1024m
-Xmx1024m
          
          

最後の2行が追記した箇所です。Eclipseを再起動すると反映します。
(PCのスペックによって上記の値は調整ください)

私の場合、このeclipse.iniの追記で一気に高速化した。

セキュリティソフトのOFFも有効

後、少し影響あったのがセキュリティソフト

セキュリティのリアルタイムスキャンをOFFにすると速くなった気がします。
何かするたびに、スキャンしていたら、そりゃ遅いわけで。

Eclipseが遅いと仕事になりませんので、この辺を見直してみてくださいね。

解凍に失敗した中途半端な状態だと遅い

Eclipseは、zipファイルで提供されることが多いですし、その容量はメッチャ大きい。

Windowsのデフォルトの解凍だとエラーになるし、
有名なLhaplus等でも一部に解凍エラーが出ました。

解凍エラーを気づかずに使っていると、メッチャ遅くて重いです。
一部のファイルに解凍エラーが出てないか?一度、疑ってみましょう。

ちなみに私は、7-Zip解凍ソフトを使いました。おススメです。

Copyright(c) 2005-2020 SearchMan Sato . All Rights Reserved.